ベクターフォーシーズンズの口コミ!実際に使ってみた感想

冬になるとスタッドレスタイヤの履き替え、面倒くさいですよねぇ~。

私はその履き替えが嫌で、オールシーズンタイヤに履き替えました。
最初は、雪が降った時の安全性が心配でしたが、色々調べて購入を決めました。

今はいくつかのメーカーからオールシーズンタイヤが出てますが、その中でもオールシーズンタイヤの先駆者、グッドイヤーの『ベクターフォーシーズンズ』を買いました。

オールシーズンタイヤの認知度は、最近では60%ほどまでになっていて、よく知られるようになってきましたね。

私のようにスタッドレスタイヤの履き替えが面倒だからオールシーズンタイヤにしたいけど、安全性が心配で購入しようか迷っていたら、今回の記事は参考になるはずです!

この記事では、実際に使っている私が、ベクターフォーシーズンズの乗り心地や性能などの感想をお話します。

スポンサーリンク

ベクターフォーシーズンズはどんな人が買うべき?

  • 雪山に行かない人
  • 普段あまり車を運転しない人
  • 雪が降ったら運転しない人
  • 雪が積もらない地域に住んでる人

ベクターフォーシーズンズはじめ、オールシーズンタイヤはあまり雪の降らない地域向けに作られたタイヤです。

ウィンタースポーツが好きな人は、迷わずスタッドレスタイヤにしましょう!

私の住んでる地域は、雪が積もっても1日あれば車道の雪は溶けてしまって、ノーマルタイヤでも走れてしまうくらいなので、街中を走るだけならスタッドレスタイヤは性能が良すぎてもったいないです。

どうしても雪の上を走らなければならない事情なら、慎重に運転しましょう。
雪の上はスタッドレスタイヤでも滑る時は滑りますから、オールシーズンタイヤで走る時は、ゆっくり発進、ゆっくり減速を意識しましょう。

実際に、車道にうっすら雪がある状態で急減速した時、車の後ろが若干横に滑った感じがありました。
車線変更しようとして、少し車が斜め方向に向いていたのもありますが、『急』のつく操作は禁物です。

突然の雪で、登り坂で立ち往生する車がありましたが、ベクターフォーシーズンズを履いてる私の車は問題なく走れました。

やっぱりノーマルタイヤより雪に強いですね。

スポンサーリンク

ベクターフォーシーズンズのメリットは?

  • タイヤの保管場所が不要になった
  • タイヤが1種類になったことで購入費が約半分になった
  • 突然の雪でも驚かない
  • 天気予報で雪マークを見て、慌てて交換する必要がなくなった
  • 冬の高速道路も走行可能

思い返してみると、こんなところがメリットですね。

タイヤの保管場所としてベランダに置いていたら、盗難にあったり、落下したりしたら危険ですよね。
また、タイヤって重いですから運んでる時に腰を痛める危険性もあります。
オールシーズンタイヤにして、保管場所がいらなくなればほんとに楽ですよ(^^)

費用面では、今まではノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの両方を買い替えていたので、20万くらいかかってましたが、オールシーズンタイヤにしたことで、今度買い換える時は約10万の費用で済むので、大きいコスト削減になりました。

さっきも話しましたが、突然、雪が降ると準備してなかった車は立ち往生してしまってましたが、オールシーズンタイヤなら1年中履いてるので、突然の雪でも安心して走れます。

あまり雪が降らない地域に住んでる人は、天気予報で雪マークが出てから交換しようと考えてる人が多いです。だから、天気予報で雪マーク出た日のカー用品店は、タイヤ交換待ちで2時間、3時間待ちなんてことが度々起きます。

そうなると、待ち時間で時間を取られて、時間を損した気分になりますよね。
オールシーズンタイヤなら、こうゆうストレスからも開放されます。

冬の高速道路で『冬用タイヤ規制』や『チェーン規制』が出ていても、冬用タイヤとして認められているので、そのまま走行可能です。ただし、『全車チェーン規制』が出ていたらチェーンが必要になるので車にチェーンを積んでおきましょう。

ベクターフォーシーズンズのデメリットは?

  • 若干燃費が悪くなる
  • 路面凍結時は細心の注意が必要

オールシーズンタイヤはノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの中間に位置するタイヤなので、ノーマルタイヤから履き替えると、若干燃費は悪くなります。

参考に、私の車「エスティマハイブリッド」の場合、低燃費タイヤと比べてリッター0.3km悪くなりました。

通勤ではそこそこのスピードで走ってるので、そのせいもあります。それでも、お財布に影響が出るほどではないので、丁寧に安全運転していればもっと差はなくなります。

路面凍結してる時は、スタッドレスタイヤの中でも値段が高くて、氷に強いスタッドレスタイヤでもなければ滑ります。ですから、オールシーズンタイヤで凍結した路面を走る時は、より慎重な運転が必要です。

まとめ

ベクターフォーシーズンズはオールシーズンタイヤの中でもタイヤサイズが豊富で、軽自動車からミニバンタイプまでサイズが揃っています。

冬のドライブは街中しか走らない。雪山には行かない。住んでる地域はほとんど雪が積もらない。そうゆう人ならスタッドレスタイヤより断然オールシーズンタイヤがおすすめ!

関連記事>>>オールシーズンタイヤのメリットデメリットとは?使用者が解説します!

オールシーズンタイヤについて、もう少し詳しく説明してますので、コチラもチェックしてみてください。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みやび

30代のサラリーマン兼個人ブロガーです。 イチゴと餃子で知られている栃木県で生活してます。 このサイトでは、わくわくするような楽しい情報や生活の中で役立つ情報を発信していきます! サイトを起ち上げたばかりでコンテンツが少ないですが、これからどんどん増やしていきますので、時々見に来てください\(^o^)/ ご不明点や感想などございましたら、お気軽に問い合わせフォームからどうぞ~。