焼き芋の皮は食べると体に悪いの?年中食べてる経験者が解説!

焼き芋は寒い季節は当然のことながら、1年中売られるようになりましたね。

焼き芋を食べる時、皮をむく派と皮を食べる派といると思いますが、私は皮を食べる派です。

この記事では皮をむく派の方に向けて、皮を食べたほうがいい理由や農薬や汚れなどの衛生面について、焼き芋の皮の焦げに含まれる発がん性について解説していきます。

『焼き芋の皮を食べていいものか悩んでいる』

『焼き芋の皮に栄養はあるの?』

『衛生的に汚いのでは?と思っている』

『焼き芋の皮が焦げを食べるとがんになるのでは?と心配』

こんなことを思ってる人はぜひ参考になるので見ていってください。1年中焼き芋食べてる私が解説していきます。

スポンサーリンク

焼き芋の皮は食べたほうがいい!その理由とは?

焼き芋の皮は抵抗がないなら食べたほうがより体にいいです。

その理由は、皮には食物繊維が豊富というイメージが上がりやすいかと思いますが、『クロロゲン酸』というポリフェノールが部位別で一番多く含まれています。また赤紫の色から見てもわかるように『アントシアニン』というポリフェノールも含まれています。

ポリフェノールは抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に役立ちます。

食物繊維も多く摂ることで便秘改善も期待できます。

焼き芋の栄養についてこちらの関連記事にあるのでぜひ見ておいてください。

皮には栄養があって、便秘改善や抗酸化作用による生活習慣病予防が期待できることがわかってもらえたと思います。

ですが、『農薬が染み込んでるんじゃないか』とか『スーパーで売ってるのは色んな人が触るから汚いんじゃないの?』など心配になってませんか?

次は農薬や衛生面についてお話していきます。

スポンサーリンク

焼き芋の皮の農薬とか衛生面が気になるけど大丈夫?

まず農薬や衛生面に関して、そんなに神経質になる必要はないですよ。安心してください。

理由は

  • 出荷前に残留農薬を計測してる
  • 農薬を使わず栽培してる農家もいる
  • 加熱する前に必ず洗うから

もし、農薬を使ってたとしても出荷前に残留農薬がどのくらいあるのか検査してますから、基準値を超えていたら出荷できません。

通販サイトなど見てもわかるように『残留農薬値がゼロですよ』とちゃんと表記してる商品も結構ありますから、どうしても心配ない人は『残留農薬ゼロ』が記載がされてる商品を買ってみてるといいですよ。

それに、加熱する前に泥が付いたまま使う人はいないと思うので、必ず洗いますから皮表面の汚れも落ちてきれいな状態です。スーパーで販売されてる焼き芋はお店によって売り方に違いはありますね。

  • 開封された状態の紙袋に入ってる場合
  • 袋の口を閉じて販売されてる場合
  • ラップで包んだ焼き芋を開封された状態の紙袋に入れてある場合など

調理する前は洗うけど調理後が裸の状態で置かれていると確かに衛生面で心配ですね。私の経験でいうと、開封された状態の紙袋に入ってる焼き芋を結構食べてましたけど、お腹を壊したり感染症になったことはありませんでした。

とは言っても、リスクはゼロではないですから、どうしても心配な人は自分で作るか袋が閉じた状態で売られてるお店を探すしかないですね。

ほとんどの場合で、農薬や衛生面は安心して大丈夫ですよ。

では、『焦げはどうなの?発がんリスクとか気になる』という心配もあると思うので、次はそちらについてお話していきましょう。

焼き芋の皮についてる焦げは食べても平気?

結論を先に言うと、『焦げにはおそらく発がん性リスクがある

野菜や穀物などを高温調理して焦げが出るとそこにアクリルアミドという化学物質が生成されます。

厚生労働省が公表してる評価では、このアクリルアミドの発がん性は『人に対しておそらく発がん性がある』としています。

リスクは低いけど多分、発がん性あるかもってことなので、焼き芋の皮に少し焦げがあってそれを食べたからといって、がんになりますというわけではないので、そこまで気にすることはありません。

どうしても焦げは食べたくなければ、焦げてる部分だけ取り除いて食べればOKです。

まとめ

焼き芋の皮は食べたほうがいいか?

答えは、食べたほうが体は喜びます。

皮には食物繊維、ポリフェノールが豊富にあるので、便秘解消や抗酸化作用による生活習慣病予防が期待できます。

焼き芋についての記事は他にもあるので、ぜひ参考にしてください。

農薬については出荷前にきちんと残留農薬がどのくらいあるのか検査してるので、市場に出てるさつまいもは安心して食べてOKです。農薬を使ってないさつまいももあるので、気になる人は農薬ゼロを謳ってるさつまいもを買うといいですよ。

衛生面については、土が付いたまま焼くことはなく、まず水洗いしますので、表面の汚れは落ちてますね。でも、スーパーなどで焼き芋として売ってる時、焼き芋を入れてる紙の包みが開いてる状態で、中の焼き芋もむき出しの場合は少し心配ですね。私自身、そうゆうケースで売ってる焼き芋をしばらく食べてましたけど、特に問題はありませんでした。なので、もし近所で売ってる焼き芋がむき出しで売られてるものしかないのであれば、気にしないで食べるようにするか、自分で焼き芋を作るかしてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みやび

30代のサラリーマン兼個人ブロガーです。 イチゴと餃子で知られている栃木県で生活してます。 このサイトでは、わくわくするような楽しい情報や生活の中で役立つ情報を発信していきます! サイトを起ち上げたばかりでコンテンツが少ないですが、これからどんどん増やしていきますので、時々見に来てください\(^o^)/ ご不明点や感想などございましたら、お気軽に問い合わせフォームからどうぞ~。